神奈川県立有馬高等学校
交通アクセス お問い合わせ
HOME事務室

◆事務室◆
<問い合わせ・郵送先>
〒243-0424 神奈川県海老名市社家240
神奈川県立有馬高等学校 事務室
 
電話: 046-238-1333  FAX: 046-238-7980
 卒業生の証明書の発行 >  授業料、諸会費等 >  施設開放 >
<卒業生の証明書の発行について>
●証明書発行手数料等

 種類  手数料(1通)  発行に要する日数
 卒業証明書  400円   即日(英文は1週間程度)
 成績証明書・単位修得証明書ほか  1週間程度
 調査書  500円  1週間程度

※郵送による申請の場合は、こちらへ申請書が届いてから発行までに10日程度かかります。
※卒業後5年経過すると、指導要録の指導に関する記録が廃棄されるため、調査書・成績証明書に記載されるのは修得単位、学籍のみになります。
※卒業後20年経過すると、指導要録すべての記録が廃棄されるため、卒業証明書のみの発行になります。

●申請方法
  【事務室窓口での申請】
   ・事務室備え付けの「証明書交付願」に必要事項を記入し、手数料を添えてお申し込みください。
    (おつりのないようにご協力ください)
     ※交付願はこちらからもダウンロード可⇒
 証明書等交付願(PDFファイル)
   ・申し込みの際には、本人確認のため身分証明書(運転免許証、健康保険証等)の提示をお願いします。
   ・即日発行の証明書以外は、受け取りのために再度来校していただく必要があります。
    受け取りの際には受付時にお渡しする「現金領収書」を提示してください。
   ・代理人による申請、受け取りはご家族の方のみ可とします。
    その際は代理人の方の身分証明書(運転免許証・健康保険証等)をご持参ください。
   ・受領時に来校できない場合は郵送することも可能です。
    希望する場合は【郵送による申請】(4)にある返信用封筒と切手をご用意ください。
   ・英文の証明書を希望の場合は、交付願に「英文」と記入し、余白にローマ字による氏名も書き添えてくだ
    さい。
            <事務室受付時間> 
              平日8時25分〜16時55分まで(土・日・祝日及び12月29日〜1月3日は受付なし)

  【郵送による申請】
   ・次の4点を同封し、必ず
現金書留で郵送してください。
    (1)証明書交付願
          
ダウンロード⇒証明書等交付願(PDFファイル)
              英文の証明書を希望の場合は、交付願に「英文」と記入し、
              余白にローマ字による氏名も書き添えてください。
    (2)手数料(現金でおつりのないようお願いします)
    (3)身分証明書(運転免許証・保険証等)のコピー
              本人確認のために使用し、確認後こちらで責任をもって廃棄します。
              確認した個人情報は、これらの書類発行のため以外には使用いたしません。
    (4)返信用封筒(住所・氏名を記入し、切手を貼ってください)
 証明書の種類  封筒の大きさ  切手  証明書の数
 卒業証明書のみ  定形  82円  
 卒業証明書以外の証明書     角3または角2     120円  1〜2枚
 140円  3〜6枚
 205円  7〜10枚
 250円 11〜17枚 

※発行に要する日数は、こちらへ申請書が届いてから10日程度となります。

<授業料、諸会費等について>

 
このページでは、保護者の方向けに授業料、諸会費等に関する内容を掲載しています。
 ご家庭の状況によって、ご負担内容や受けられる支援内容が異なりますのでご注意ください。
 いずれの制度も複雑なため、このページでは概要のみを掲載しています。各制度の詳細、ご不明な点、ご相談したい点等ありましたら、事務室へお問い合わせください。

1 授業料(就学支援金関係)
(1) 平成25年度までに入学した生徒
 平成22年度から平成25年度までの入学者については、原則授業料を不徴収としています。
 なお、授業料の不徴収に当たっては、申請書提出等の手続きは必要ありません。


(2) 平成26年度以降に入学した生徒
 平成26年度以降の入学者については、授業料を徴収します。
 ただし、保護者の市町村民税所得割額の合計が30万4,200円未満の世帯に対しては、原則として授業料相当額の「就学支援金」が支給されます。
 「就学支援金」を受け取るには、申請書、所得を証明できる書類(課税証明書等)等をご提出いただく必要があります。
 なお、就学支援金は、学校が生徒本人に代わって受け取り、授業料と相殺する仕組みになっています。
 そのため、「就学支援金」の支給対象者は、生徒自らが授業料を学校に納める必要がない代わりに、「就学支援金」が現金や口座振込の形で生徒の手元に届くこともありません。



※  保護者の市町村民税所得割額の合計が30万4,200円以上の場合、「就学支援金」を受け取ることができないため、月額9,900円(全日制の場合)の授業料をご負担いただくことになります。

(参考)文部科学省ホームページ
  ・ 公立高等学校授業料無償制(旧制度)
   http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/detail/1342746.htm
  ・ 高等学校等就学支援金制度(新制度)概要
   http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1342605.htm

2 諸会費 
 諸会費とは、学年費、生徒会費、PTA会費、図書館費等を総称したものをいいます。
 授業料とは別に、生徒一人ひとりから諸会費を徴収させていただき、学校行事や環境改善をはじめとした、生徒がより良い学校生活を送るための経費に充てています。
 お支払い方法は、年1回6月に、入学手続きの際にご指定いただいた口座からの引き落としとなります。


3 奨学給付金 
 平成26年度以降の入学者がいる世帯を対象に、授業料以外の教育に必要な経費に充てることを条件とした、返還の必要がない給付金を支給する制度です。

給付対象者及び給付額の概要は次のとおりです。
 ・ 生活保護受給世帯:年額32,300円
   (修学旅行費として)
 ・ 市町村民税所得割額が非課税の世帯:年額37,400円又は129,700円
  (教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、校外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費等として)

ご不明な点は事務室までおたずねください。

 <施設開放について>
1 施設開放について
有馬高等学校では、学校運営に支障の無い範囲で、学校施設を地域住民の身近な活動の場として開放しています。

2 開放施設及び開放予定日時について
体育館   月〜土曜日  19:15〜21:15 (ただし、学校行事が優先されます)
特別教室  毎週土曜日  13:00〜17:00

3 申し込みについて
利用予定月の前月15日(15日が休日にあたる場合は、休日明け必着)までに「施設利用申込書」を提出してください。(FAX可)

4 調整結果
調整結果については、利用予定月の前月の末日までに書面でお知らせします。

5 各種様式
(1)施設利用申込書
    こちらをダウンロード >してお使いください。
(2)利用者名簿

    こちらをダウンロード >してお使いください。
※年度当初の利用申し込みや記載内容に変更が生じたときは必ず提出してください。住所および電話番号は、代表者及び当日利用責任者として指定される可能性のある方についてのみ記載してください。
 

6 その他
(1)利用料金について
   電気代実費相当額 体育館 1回の利用につき440円(2時間まで)
(2)施設利用に当たっての注意事項
   こちら >をご覧ください。
(3)当校を初めて利用する場合又は、ご不明な点は事務室までお問い合わせください。 
HOME / Toppage

Copyright 2012 神奈川県立有馬高等学校 All Right Reserved